MENU

加齢臭を消す食生活や生活習慣は?

加齢臭は年齢が増えていくほど、臭いもきつくなってきます。
しかし、あまりお年を召していない方でも加齢臭の臭いが強いこともあります。
逆に高齢であっても加齢臭をほとんど感じない人もいます。

 

その理由は、食生活や生活習慣に違いがあったのです。

 

加齢臭は食生活や生活習慣で消すことができる?

加齢臭がきつい人は肉を好んで食べる人が多いそうです。

 

加齢臭と肉の関係はとても深いもので、肉を好んで食べる人は加齢臭の原因物質を生成しやすい体になってしまいます。
昔は日本人は魚や野菜を中心に食べていました。なので、加齢臭という言葉自体が一般的ではありませんでした。
しかし、食の欧米化により加齢臭という言葉が一般化したほか、若い人で加齢臭が強い人が多くなっているそうです。
加齢臭を消す方法としてまず第一に、食生活を改めることを実践してみましょう。

 

加齢臭をなくす食生活

加齢臭をなくす食生活とは、先に少し挙げましたが日本食である魚や野菜を中心とした食生活を送ること。

 

なぜそんな生活を送るのがよいのかというと、まず第一に肉を食べる量を減らして加齢臭の原因となる皮脂や脂肪酸の量を減らすことができるから。

 

加齢臭の原因であるノネナールは皮膚に出てきた皮脂や脂肪酸が酸化することで発生する加齢臭の原因物質です。
その為、加齢臭をなくすためには、まずは原因物質ができにくい体を作ることが大切。
その為には肉を減らし、無駄な脂質を摂取することのない魚と野菜を中心とした食生活を送ることがとても大切になるのです。

 

また、皮脂や脂肪酸が酸化するに当たり、私達の体の中にある活性酸素というものが使われます。
この活性酸素はストレスや紫外線など、様々な状況で発生するものですが、人の体は活性酸素を除去する働きを持っています。

 

しかし、活性酸素を除去する働きも万能ではありません。
活性酸素の量が多すぎると、除去し切れなかった活性酸素が体の不調や加齢臭などのよくない症状に使用されてしまいます。

 

そこで、活性酸素の除去の為に野菜を食べることが大切になるのです。

 

野菜に含まれるビタミンCやビタミンEなど、抗酸化作用のある栄養素は活性酸素の発生を抑えてくれる働きがあります。

 

これによって、例え皮脂や脂肪酸が出てきたとしても、それらを酸化させる作用を弱めることができるのです。

 

食生活を肉中心から魚、野菜中心にするだけで加齢臭は大幅に抑えることが可能です。

 

まずは1週間。
食生活の改善をしてみてはいかがでしょう?

 

 

他にも、すぐに効果が出る方法としては香水で消す方法もあります。
この方法は早く効くのですが体臭とあっていないとよりひどくなるそうです。
香水などは自分にあった香水を使っていきましょう。